このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

地域の個別課題に対する地域住民自らによる議論の場を設け、繰り返し実施することにより、地域の課題を共有し方向性を見い出す。

住民自治やおもてなしなどについて、地域住民が勉強する場・聞き合う場づくりを行うための土台作りとして、まちづくりのアドバイザーを招請したゼミを実施する。また、アドバイザーの意見等を活かした地域住民(ボランティア)主体によるゼミを実施する。

「観光から関係へ」を基軸とし、まち歩きの拠点とする。

中心市街地における空き家・空き店舗の再生およびリノベーションを図る調査拠点とする。